· 

記憶の中のトレイルと城跡と廃線と

今日は、いとう整骨院さんで「施術+よもぎ蒸し」をしてもらったら疲れが吹っ飛んだ(゚∀゚)

そこで、行こうと思っていた「記憶の中のトレイル」へ行くことにしました!

思い立ったが吉日!ってことで!

家に帰って速攻で相棒のエムトくんをこれまた相棒のハスラーくんに積み込んでGO!

車に自転車を載せた写真
私と自転車を載せてワクワクする場所へ連れて行ってくれるハスラーくん(^^)

車を停めるに良い場所がトレイルの入口付近にあって助かった!←これ大事!

準備整えてGO!

軽トラ1台がギリギリ通れる上り坂で始まるのは覚えていたけど...

くいっと曲がった途端に、ガレ加減の激坂20%(;・∀・)

ちょっとちょっとこんなだったっけ!?

記憶に裏切られる(;´Д`)

ギアチェンジ間に合わず撃沈(;´Д`)

再チャレンジしたが、後輪をホイルスピンさせてバランス崩して、またも撃沈(;´Д`)

トレイルと自転車の写真
写真じゃイマイチ伝わらないけど、勾配15%くらいあります
トレイルと自転車の写真
上りきってユル坂になりました
トレイルと自転車の写真
すぐにまた激坂出現

トレイルと自転車の写真
カサカサの道でテンション上がる(^^)
トレイルと自転車の写真
短い激坂をクリアするたびに満足感!それにしても上質のカサカサ道で嬉しい!

上り坂は半端なく容赦なく(≧◇≦)

だけど、カサカサの道が続くので超ご機嫌でテンション上がる(≧▽≦)

分かれ道に差し掛かる。

左は、山止めになっていたので右へ行くと、見覚えのある場所だ!

見上げるとお地蔵さまがいらっしゃる(^^)

あ~ここ覚えてる、懐かしいな~(*´▽`*)

トレイルと自転車の写真
緩い上りをカサカサ言わせながら上る(^^)
トレイルと自転車の写真
昔と変わらないお地蔵様
トレイルと自転車の写真
お地蔵様の前に立ってる松の木が白く枯れていた。時の経過を感じた。

少し行くと雑木林から杉林になった。

この辺りまでは記憶にあったけど、その先は行ったことが無くて記憶に無い。

あらかじめ地図で調べたら行き止まりらしいのは分かっていたけど...

 

杉林になったら、道もカサカサから湿った土間になった。

鉄塔が見えてきた。

この道は、鉄塔整備の道なのかなぁ。

そして、もう一つ鉄塔があり、そこで行き止まりでした。

トレイルと自転車の写真
どん詰まりの鉄塔の足元。木漏れ日差して静か、山メシ用意してたらここで食べれたなと思った。
トレイルと自転車の写真
青空に鉄骨の幾何学模様(´ー`)こういうのも好き!

トレイルと自転車の写真
暖冬で雪も無く、シダの葉が青々している。
トレイルと自転車の写真
杉っ葉が無いと、タイヤが土にめり込んでかなり走りにくいと思われるけど、乾いた杉っ葉のお陰で快適に走れる。
トレイルと自転車の写真
一面の乾いた杉っ葉。下は土なので感触は柔らかい。路面の変化が楽しめるのもトレイルの良いところ(^^)

トレイルと自転車の写真
杉林を抜けて雑木林へ。雑木林は、明るくて気分が良い!
トレイルと自転車の写真
行きも帰りも、野鳥の甲高い鳴き声がする(´ー`)山の中の音は癒しだよな~

トレイルと自転車の写真
深い轍が落ち葉に埋もれてるwちょっとしたアトラクション的な感じ(^^)途切れたように見える道の先は、激下り(≧▽≦)
トレイルと自転車の写真
下ってクイッと曲がる(≧▽≦)こういうラインが好物!写真より実物は急ですよ(≧▽≦)

どん詰まりのトレイルをピストンというルート。

いつもの私は、ピストンのルートなんてまず走らないのですが、

トレイルのピストンは、ありかなと思った。

今回の所は、大半がカサカサの大のお気に入りな道だったからかもしれないけど(^^)

それと、探検的要素があるから、そういうのも楽しいと思う!

 

そうそう!忘れずにチャレンジしたよ!初っ端の激坂(≧▽≦)

ハンドルに胸がくっつくくらい状態を前傾させて、とにかく足を回して上り切りました(^^;)

前輪が持ち上がりそうな勾配って、ホント刺激的!(≧▽≦)

さて、記憶の中のトレイルが現実のものとなりまして(^^)

えっと、夢中になっていてお昼ご飯を食べるのを忘れていました←忘れてないんだけど、それどころじゃない感じ(≧▽≦)

なので、先日T先輩の投稿で見たアソコへ行こう!

いやしの郷加瀬牧場の写真
ガンジー牛です(^^)この牛のミルクは濃厚でとても美味しい!ジェラートを頼むと味見が一口分オマケされるので楽しみです!
いやしの郷加瀬牧場の写真
きなこジェラートと味見のキャラメルナッツです!きなこジェラートの中に餅(雪見だいふくのアレ的な)が入っていて食感も楽しめて美味しい!

大好物のジェラートも食べたし、どうしようかな!

お天気もいいからもう少し遊びたい( *´艸`)

そうそう!行こうと思って行っていない所を思い出した!

いざ!出陣!

夏戸城入口の写真
肝に銘じて入場!
夏戸城の写真
なかなか手の込んだ案内板である!
夏戸城の写真
これまた素敵な門構え!入口の黄色い注意書きからは想像できなかった(^^)

夏戸城までの道の写真
夏戸城までの道沿いに杭が打たれロープが渡され、階段も作られていて歩きやすいです。
夏戸城までの道の写真
おっと!前方に倒木が!
夏戸城までの道の写真
倒木が少々道を塞いでいましたが、またいで難なく通過です。

夏戸城までの道の写真
上りきった辺りに、どこへやら延びて行く道がある。これは左へ延びる道。
夏戸城までの道の写真
これは、右へ延びる道。

夏戸城の説明
夏戸城の説明です!説明も大事なのですが、この説明板、私は慣れた職人さんの手書きなのではないかと思うのです。違うかな~~(^^;)一文字一文字、とても温もりを感じたのは私だけだろうか。そもそも、そういう見方をしないのが普通だよね(^^;)
夏戸城主の説明
彌彦神社とも関りがあったのですね。

夏戸城の基準点の写真
おや!基準点でしょうか。
夏戸城の写真
地域で大切にしているのが伝わります!
夏戸城の写真
土盛りされて少し小高くなっています。しばらくここに佇んで静かな山を堪能しました。

夏戸城の写真
辺りを歩いていたら、看板が倒れているじゃありませんか!杉っ葉が被っていて何だろうと思い払ったら、こんなに素敵な看板が現われました!
夏戸城の写真
ふむふむ!ここに私は居るのか!これはなかなか興味深いぞ!
夏戸城の写真
思い切って全ルート歩こうかと思いましたが、そういえば相棒のハスラーくんを頼りない所に止めて来たのを思い出した(;・∀・)
夏戸城の写真
また次の宿題が出来ました!楽しみは1回で終わらない方が良い!そして、この手書き看板も味わいがあってとても好きです!塗料に厚みがあって油絵チックなのがいいです!是非起こして立て直してもらえるといいなと思いました(^^)

夏戸城探索をひとまず終えることが出来ました!

季節の良い時に、ハスラー君をちゃんとした場所に止めて、再度散策に来たいと思います。

 

歩き回ったら、お腹に入れたジェラートがすっかり消化されたようで、

お馴染みの大好きなパン屋さんへGO!

アルモニエの写真
廃校を利用したパン屋さんです!
アルモニエの写真
昔懐かしい学校の設備などがそのまま生かされています。
アルモニエの写真
今日は、車なので沢山買いました!一部は、すぐに私のお腹の中へ(^^)

まだ真っすぐ家に帰りたくない私(^^;)

遊びたいのだ!

そこで、長鉄(越後交通長岡線)の廃線跡を追う事にした。

越後交通長岡線跡の写真
朽ちてスカスカの枕木。何故焦げてるんだろう?
越後交通長岡線跡の写真
バラストがそのまま残されている。
越後交通長岡線跡の写真
コンクリートの踏切だったと思われる場所は、線路が敷かれたまま残っています。
越後交通長岡線跡の写真
切れた線路の先を見ながら、ここに電車が走っていたらどんなだろうって想像したりするのが好きです(^^)

越後交通長岡線跡の写真
ちょん切られた線路を見ると、何故か寂しい気持ちになる。
越後交通長岡線跡の写真
バラストと枕木が残る区間もまだ結構残っています。
越後交通長岡線跡の写真
線路横の道を挟んで反対側の田んぼの中に立つ二宮金次郎さん。近くにあった味のある木造の小屋が取り壊され更地になっていた。
越後交通長岡線跡の写真
ほんの1.5メートルほどの幅の排水路にかかる橋。コンクリートの土台の上にH鋼を渡しただけのような簡単な作り。

越後交通長岡線跡の写真
ちょっと離れた所から撮影してみた。手前のH鋼の側面は腐食が進んでボロボロ。奥のH鋼はまだ大丈夫。差があるもんだね。
越後交通長岡線跡の写真
もう少し長さのあるH鋼の橋。ここは腐食が進んでいなくて丈夫そう。
越後交通長岡線跡の写真
この橋は丈夫そうだったし、踏切跡に直結してたので渡ってみました。とてもしっかりしていた。線路を引いたらまだ役目を果たすような気がした。しかし、そんな日は来ないと思うと寂しい気持ちがしました。これが廃なのだと実感しました。

今日は、お昼近くに家を出て、沢山遊びました(^^)

訪れた場所は、素朴な田舎の集落や長閑な田園風景、低い山が長く連なって、大好きな場所なんです!

だから毎年欠かさずサイクリングに来ます(^^)

そうそう!車で山の中の桜の大木に会いに行ったんです!

春はまだ遠いですが、この桜が咲く様は見事!圧巻!

楽しみに待つことにしましょう(*´▽`*)